MENU
Archives
mari
家や住まい、ライフスタイルなどについて楽しく書いています。夫婦セミリタイア+副業。50代女性、転勤&引越し多数。

TOP ↩️

【賃貸vs分譲】転勤、転職、資金援助がない場合の人生設計

こんな人たちに読んでもらいたい
  • 転勤の可能性がある
  • 転職や独立を考えている
  • 親からの資金援助がない
  • いろいろなところに住みたい

家を賃貸にするか購入するか、よく話題になりますよね。といっても人それぞれ。環境が違ってくると住まいへの価値観もさまざまです。

ということで、今回は人生で一番高い買い物といわれている不動産についてお伝えしようと思います。

特に、転勤、転職、親からの資金援助がない方は最後までお読みいただけると幸いです。

Contents

20〜30代で家を買ってはいけない

結論からいうと、20〜30代のうちは家を買ってはいけません。

なぜなら賃貸でいるほうが転職、転勤、節約と投資がしやすくなるからです。(*親からの援助かつ地元に一生住む場合を除く)

ちょっと不動産を勉強された方なら、どこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。

我が家の場合、20年ほど賃貸だったのですが、この間に一度も家を買わなかったことが人生最大の良い決断でした。

メリットといえば・・

  • 転職がしやすく、会社の近くに引っ越すなど、自由に住む場所を選ぶことができる
  • 転勤する場合、賃貸や売却など余計な手間がなく、すぐに退去することができる
  • 失業またはリストラされた場合、手持ち資金にあわせて手頃な物件に移り住むことができる

一度家を買ってしまうと、その場所からなかなか移動することができません。当たり前ですが、売却するといってもそう簡単にすぐに売れるわけでもありません。

しかも、転勤などで売却する場合、時間に余裕がないため足元を見られてしまい、安く買い叩かれてしまう可能性があります。

賃貸にするとしても、たいてい数年の期限(2〜5年)をつけての「定期借家」扱いで相場より安くなってしまいます。それに借りる側からすると、必ずその期間内に出て行かなかればならないという制限付きに・・・

人生でいちばん大切な20代、30代。フットワークの軽い賃貸生活にすること、家にかけるお金を少なくして、節約しながら、貯金と投資をするようにしたほうが賢明です。

Karilun Onlineは仲介手数料無料

家を買うと転勤させられるという事実

「家を買ったら転勤させられた」というのは、残念ながらよくあることなのです。

私のまわりでも、実際に家を買ったとたんに転勤させられたという人が何人かいました。家を買ってすぐだった人、数年たってからの人・・・

昔、私たちが入居したばかりのことですが、そこの管理人さんから「貸主の奥さんが怒りで家の鍵を投げつけた」なんてことも(!)聞いたことがありました。

そりゃそうですよね。これから新しい家に住もうというときにまさかの転勤なのですから。

「家を買うと転勤させられる」というのはやっぱり本当なんだとしみじみ感じました。

会社からすると、ローンを抱えている社員は「かんたんに会社をやめることができない人」という扱いになってしまいます。

そういった会社の都合に振り回されないために、一つの防衛策として家を買わないという選択をするほうが賢いのです。

家を買わないメリット

家を買わないことによる最大のメリットは、転職が自由にできて、その場所に合わせて住む場所を変えることができるということ。

以前、郊外に住んでいたことがあるのですが、途中から都内の会社の近くに住み替えました。結局、これが大きな人生の転機となりました。

というのもパートナーいわく、体力の疲労度が減り、仕事に思いっきり集中できることができたとか。しかも、そのおかげで仕事のパフォーマンスがあがり、なんと転職のチャンスも増えたのです。

これもすべて、家を買っていなかったからこそ。そのために、転職でも引っ越しでも会社の近くに住むなどしてすぐに行動に移すことができました。

20代からの10、20年って世の中がガラリと変わります。住宅の質もトレンドも変わるし、災害リスクもある。会社がどうなるか誰にもわからないし、リストラだっていつされるかわからない。

そんなリスクいっぱいのご時世なのに、20代、30代で家を買ってしまうなんて、それってかなり無謀なことなんですよね。

なのに、いとも簡単に長期のローンを組んでしまう人が多くて驚きます。

「家の長期ローン」にしばられるなんて・・怖くないですか??

親が資金援助してくれるとか、10年程度のローンを利用するとか(資金はあるけれどあえてローンを利用するケース)、というのならまだわかりますが、そうでない場合はやはり慎重にしたほうがいいです。

家を買うなら40代半ば以降、キャッシュ一括または短期間ローン

Photo by <a href="https://unsplash.com/@jma1053?utm_source=unsplash&utm_medium=referral&utm_content=creditCopyText">Josephine Baran</a> on <a href="https://unsplash.com/s/photos/park?utm_source=unsplash&utm_medium=referral&utm_content=creditCopyText">Unsplash</a>

家を買うなら、キャッシュ一括、または定年前に終わらせることができるローンにしておくのがおすすめです。

できれば40代半ば以降にすると、定年後になっても家自体がそんなに古くなっていないだろうし、老後でもなんとか住むことはできます。または築浅や10年以内のうちに売却して新しく住み替えるというのもよいでしょう。

そのためには、20、30代のうちに「貯金、投資をして資産をふやしておくこと」が最優先になってくるのです。いつでもすぐに行動に移せるようにしっかりと準備をしておきましょう。これが一番大切!

ちなみに、節約を頑張ることができるのは「元気だからこそ」。病気、失業、リストラなどの期間には節約も貯金もできないし、そもそも何もする気にならないものなんです。私たち夫婦も病気と失業を経験しているので、そのへんの心理状態は手にとるようにわかります。

だからこそ、元気で若い貴重な時期を「住宅ローン」などでしばられないようにしてほしい。せっかくの転職などのキャリアアップのチャンスを失わないようにしてほしいと思います。

また、節約というのは心の余裕がないとなかなかできないものです。

繰り返しますが、節約生活を楽しむことができるのは、体力のある若いうちだけ。中年以降になり、体力のない中での節約生活ほど苦しく悲しいものはありません。

さいごに

時代によって家に対する価値観は大きく変わってきています。また、最近だと自然災害や感染症などのパンデミックなどの影響もあり、ますます「住まい」への関心は高まってきているとひしひしと感じます。

また、ここのところ、住宅ローンをなんと73歳で完済するという人が多くなってきているとか。

実は私の身近な人でも似たような人がいるのですが、話を聞いてみるとどうやら万が一の「団信でローンをチャラにする」というねらい?のようです・・。

この話を聞いていたので、ひょっとしてこの「73歳完済コース」も同じなのかな、と思ってしまいました。というのも、まともに73歳までローンを返済していくというのはあまりにも不自然だと思いませんか?

それにしても、こういうおかしなローンがまかり通る風潮(トレンド)がでてくるとかなり危ないような気がします。

ただ、当たり前ですがいつの時代も「世の中、そんなおいしい話なんて存在しない」んですよね。

老人になるとシンプルに生きる。借金とは無縁に生きること。

みんなが買っているからとか、みんなが30年ローンしているとか・・・みんなが、メディアが、不動産屋が言っているからなどに振り回されないで、自分だけの人生設計をしっかり考えたいものです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Contents