MENU
Archives
mari
家や住まい、ライフスタイルなどについて楽しく書いています。夫婦セミリタイア+副業。50代女性、転勤&引越し多数。

TOP ↩️

【銀行の普通預金口座】全額保護型、決済用普通預金に切り替えました

先日、三菱UFJ銀行の店舗へいき、「普通預金口座を全額保護型」のほうに切り替えてきました。

普通預金口座って種類があるの?

利息のつくもの、つかないもの。2種類があります

Contents

なぜ全額保護型(決済用普通預金)に変更したの?

これまでは利息のつく普通預金でしたが、全額保護型(=決済用普通預金)のほうへと変更しました。

なぜそうしたのかというと限度なく「全預金を保護してくれる」から。

これまで私が持っていた利息ありの普通預金だと、ペイオフ対象で破綻した場合は1,000万円まで保護されるというものでした。

ところがこの全額保護型には利息がないかわりに、預貯金すべては保護してくれるのです。(2022年11月時点)

ここ10年ほど主にネット銀行を使っていて三菱UFJのほうはほとんど使っていませんでした。預金額も十数万円しかありません。

ただ今後の不安定な社会情勢や災害リスクを考えると、とりあえず全額保護のほうに切り替えておくことにしたのです。

世の中が変わるときってものすごいスピード。情勢が変わるときはあっという間・・。

利息ゼロでも全額保護にしておきました

全額保護型(決済用普通預金)を扱っていない銀行もある

ただ、すべての銀行が全額保護型(決済用普通預金)の口座を扱っているわけではありません

たとえば住信SBIネット銀行。大手のネット銀行ですが、ペイオフ対象の預金口座のみで、全額保護の口座は扱っていないのです。(以下参照)

上場後にできるようになるかも、と期待

三菱UFJ銀行 vs 三井住友銀行 手続きの違いは?

ここで例として、三菱UFJ銀行と三井住友銀行についてあげてみます。

三菱UFJ銀行の場合

三菱UFJ銀行の場合、オンラインでは手続きができません店舗でのみ変更可能です。

その場合、2種類の方法があります。

  • カウンターで行員に手続きをしてもらう場合・・収入印紙200円が必要
  • 行内のテレビ電話ブースで手続きをする場合・・無料(収入印紙なし)
控え

わたしの場合、事前に調べた上で、銀行にいく前に郵便局で収入印紙200円を買って行きました。(テレビ電話のことは知らなかった)

行員さんに「テレビ電話だと無料ですよ」と教えてもらい、結局テレビ電話のほうを利用したのですが・・。どちらでも無料にするか、またはネットで手続きできるようにしてくれたらと思いました。

収入印紙、自宅で眠ったまま。どーしよ?これ。

*おすすめ* 銀行に行く前にネットで「訪問予約」ができます。

三井住友銀行の場合

オンライン口座を持っている人は、ネット上で切り替え手続きができます。

ユーザーフレンドリーで好印象!

三井住友銀行 決済用普通預金口座

まとめ

銀行の普通預金口座には2種類あります。

  • 利息のつく普通預金口座→ペイオフ対象
  • 利息のつかない普通預金口座→全ての預金を保護

多くの人が前者の「利息のつく預金」を持っていると思います。

よく知られているのは、銀行が破綻したら「元本1,000万円までと破綻日までの利息等のみ保護」してくれる「ペイオフ」

ただ、残念ながらそれを超える預金については保護してもらえません

それに抵抗がある人、もしくはひとつの預金口座で1,000万円を超えている、利息よりも安心をとりたい、という人は「全額保護型(決済用普通預金口座)への切り替えを検討してみてはいかがでしょうか。

おまけ:預金保険機構でチェックしてみましょう

以下のサイトにてわかりやすく説明してくれています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Contents